ここが危ない!注意すべき会社のポイント

こんな会社との取引は注意!

ちょっと待って!あなたが取引しようとしているその会社大丈夫?

どの会社と取引をするのか、あなたが判断するポイントにその会社が取引をしても安全なのか注意すべきなのか、見極められる力があれば、これから仕事をする上でプラスになること間違いなしですよね。 でもそんなの難しそう…と思っているそこのあなた、「良い会社」と「悪い会社」の違いをみてみましょう!

良い会社と悪い会社の違い

何千とある会社の中で、良い会社があればあっては欲しくないですが当然悪い会社もでてきます。 小さくても良い会社、大きくても悪い会社、様々です。 しかし、それぞれ様々な特徴があります。 あなたが良い会社と悪い会社の特徴や違いをおさえていれば、取引先を選ぶ際にも役立ちます。

「小さくて良い会社」を探すコツ

「良い会社」というのは「大手」ということでも「名が知られている」ということでもありません。 世の中に中小といわれる企業が何百万とあります。その中には名が知られていなくても、大きな実績や業績がなくても「良い会社」とよばれる会社は多数存在します。 そんな「良い会社」をみつけるポイントをおさえていきましょう。

そもそも良い会社と悪い会社って

現在の日本には、中小企業も含めて420万を超える企業が存在しているといいます。
様々な業種で日々、取引が行われています。

仕事をしているあなたが、取引をするとき、相手の会社はどんな会社なのか、リサーチしますよね。そのとき、あなたは取引する会社をどのように判断していますか?評判が良い、業績が良い、過去に取引経験がある…様々あると思います。

ですが、その会社と取引して本当に正しいのでしょうか。
綿密に調べても「良い会社なのか」「悪い会社なのか」まではなかなか見えてきません。「評判が良い」「業績が良い」からといってその会社が必ずしも「良い会社」とは限りません。

そういった当たり前に見える情報だけを信じてしまうことはとても危険といえます。

「条件に応じたら売り上げが増えるじゃないか」というささやきに心が揺れ、悪い会社と取引してしまったがために自社が不利益を被るなんて最悪の結果ですよね。

悪い会社なんて相手にしなくていいのにと思うのは簡単ですが、現実はそう甘くはいきません。

しかし一度悪い会社の要求に応えてしまうと、その後の商談でも苦しめられてしまうことになります。「悪い会社」と取引すれば、売り上げは増えたとしても、余計な手間は増え、自社の社員の士気が下がり、良質な顧客も逃してしまう結果につながる可能性もあります。そんな悪循環に陥らないようしたいものですよね。


しかし、ここにあるいくつかのポイントをおさえておくだけで、あなたは今日から「この会社こそ取引すべき!」「この会社は危ない」と見極められるようになるのです。このサイトでは、良い会社と悪い会社、それぞれの特徴とポイントを学び、見極め方を身に付けるとともに、「小さくても良い会社」のコラムを掲載しております。息抜き感覚で読んでみてくださいね。さあ、チェックしてみましょう!